【重要】てつトリにおけるInternet Explorerのサポート終了について

【お得に列車旅】青春18きっぷで魅力たっぷりな房総エリアへ!(2021春版)

スポンサーリンク

3月1日から使用期間がスタートした「青春18きっぷ」。日本全国のJR線の普通・快速列車が乗り降り自由となるこの切符は、様々な使い方が出来ます。

スポンサーリンク

「青春18きっぷ」の使い方は?

青春18きっぷの使い方については、こちらの記事で詳しく解説しています。併せてご覧ください。

春におすすめの旅先は?

3月1日から利用可能な「青春18きっぷ」でおすすめの旅先はたくさんありますが、今回は房総半島をご紹介します。

房総半島を旅しよう

18きっぷで春の房総半島を1周するのはどうでしょう?
房総半島を1周するには、基本的に総武線の千葉駅または京葉線の蘇我駅から「外房線」と「内房線」の2つの路線を使うことになります。外房線からは太平洋、内房線からは東京湾と美しい景色を見られますし、美味しい魚介類が豊富にあります。
外房線(勝浦方面/太平洋側)からでも内房線(木更津・館山方面/東京湾側)からでも旅を進められます。

内房線の209系
内房線の主力車両209系

【外房線/大原駅】いすみ鉄道に乗って菜の花の中を駆け抜ける

外房線の大原駅から上総中野駅までを結ぶローカル線「いすみ鉄道」。春には満開になった菜の花の中を列車に乗って駆け抜けることが出来ます。

いすみ鉄道

【内房線/五井駅】タイムスリップしたかのような懐かしさが味わえる小湊鉄道

小湊鉄道は、上総中野駅と五井駅を結ぶローカル線。小湊鉄道では、昔懐かしいレトロな車両が走っています。まるでタイムスリップしたかのように違う時代が流れています。上総中野駅でいすみ鉄道線と、五井駅でJR内房線と乗り換えることが出来ます。

小湊鉄道

【外房線/御宿・勝浦駅】外房の新鮮な海の幸を堪能する

漁港のある御宿・勝浦エリアには獲れたての新鮮な地魚を堪能できるお店がたくさんあります。
御宿周辺で獲れる外房イセエビや勝浦周辺で獲れるかつおなど、豊富な種類の地魚が楽しめます。

外房イセエビ

【外房線・内房線/安房鴨川駅】鴨川シーワールドだけじゃない!絶景が広がる鴨川を楽しもう!

鴨川の観光地といえば?と聞けばほとんどの方は「鴨川シーワールド」が真っ先に浮かぶのではないでしょうか。安房鴨川駅から無料の送迎バスで行くことができ、動物たちによるショーが大人気の水族館です。

鴨川シーワールドのシャチ

もちろん鴨川を代表する観光地であることに間違いはありませんが、鴨川にはまだまだ魅力があります。
その一つが「魚見塚展望台」。魚見塚一戦場公園内にある展望台で鴨川の街や太平洋が360度一望できる人気のスポットです。夜間には、美しい夜景を一望することもできます。

魚見塚展望台からの景色

さらにもう一つ。新日本百景に選ばれ、外房随一の名称といわれるのが「鴨川松島」。大小七つの島の総称で、宮城県の松島のような景観から鴨川松島と呼ばれるようになったようです。七つの島のうち「弁天島」には橋が架かっており、渡ることが出来ます。

鴨川松島

【内房線/館山駅】城山公園で梅や桜、館山の海を楽しむ

戦国時代、里見氏の居城があった丘陵地を整備して作られた城山公園では、約200本の梅や約500本の桜、6400本のツツジが咲きます。博物館や日本庭園などもあり、見晴らしもいいので楽しめること間違いなしです。

城山公園

【内房線/浜金谷駅】鋸山からの大迫力の絶景を楽しむ

金谷エリアで人気の観光スポットが鋸山(のこぎりやま)です。鋸山へは「鋸山ロープウェー」が運行されており、大きな窓から眼下に広がる絶景を眺めながら登ることが出来ます。
鋸山で人気なのが「地獄のぞき」です。突き出した岩の先端にある展望台から見る景色は大迫力でスリル満点。高いところが苦手な方は無理かもしれません。

鋸山からの景色と地獄のぞき

【内房線/佐貫町駅】千葉の定番スポット!マザー牧場で動物たちと触れ合う

千葉の定番観光スポットになっている「マザー牧場」。
園内では馬や牛、羊たちと触れ合うことが出来るほかエサやり体験や動物たちによるショーを楽しむことが出来ます。羊たちによる大迫力の大行進も人気です。
また園内では、動物だけでなく季節ごとに様々な花を楽しむこともでき、1日中いても飽きないスポットになっています。

青春18きっぷで房総の魅力を見つけよう

ここまで房総半島のおすすめの観光地をご紹介してまいりましたが、いかがでしたか?
今回ご紹介したスポットはほんの一部にすぎません。房総にはまだまだたくさんの魅力がありますから、ぜひ青春18きっぷで房総を旅してみてください。いつもと違う旅が楽しめるかもしれませんよ。

房総エリアで3月から運転される新型車両「E131系」
房総エリアで3月から運転される新型車両「E131系」(浜金谷駅)

(すべての画像は写真ACより)

スポンサーリンク
JR東日本千葉県観光特集
鉄道コム 鉄道ニュースアンテナバナー
スポンサーリンク
この記事の担当乗務員

てつトリの管理人です。
乗り鉄。スーパービュー踊り子に乗車したときには感動しました。

てつトリ管理人をフォローする
あなたも、てつトリで記事を投稿しませんか?
  • Point 1
    好きな時に、好きなテーマで書ける。

    鉄道関連であれば、投稿記事数のノルマ、テーマの指定はありません。お好きな時に、お好きな内容で投稿していただけます。

  • Point 2
    利用料金は無料

    てつトリのご利用に料金はかかりません。無料でご利用いただけます。

  • Point 3
    充実した記事内パーツで、魅力的な記事を作れる。

    SNSの埋め込みや、重要なポイントを強調できるボックスパーツ、地図の埋め込みなど、様々なパーツで、記事をより充実した、魅力的なものにできます。

  • Point 4
    今すぐ、この場で登録できる。

    登録にあたって、審査はありません。今すぐこの場でご登録いただけます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
てつトリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました