てつトリは、サイト開設から2周年を迎えることができました。
これからもてつトリをよろしくお願い致します。

お客さんではありませんお客様です。厳しいを当たり前にする仕事

鉄道会社では社員研修の中で接客研修が一番厳しいと言われている。

主に挨拶やマナー、言葉遣いを習う。それではある会社の接客研修を紹介しよう。

接客研修

 初めに制服や髪型の身だしなみについて学習する。

これはお客様と関わる際に良い印象を与えられるようにするためだ。清潔にすることもサービスの一つなのだ。

次に言葉遣いについて学習する。会社によって異なるが先輩とペアを作り言葉遣いを一から指導される。特に『お客さん』と言ってしまうとすかさず『お客さんでは無くお客様です』と注意を受け、もう一度言い直さなくてはならない。

最後にマナーについて学習する。

特に『礼』について指導を受ける。礼は3つ使い分けれるようにならなくてはいけない。

お詫びする際の礼は何度も注意され直される。それだけお客様に対しての『気持ち』を欠けさせてはいけないということだ。

他にも食事のマナーを学習する会社があり、これは鉄道総会に行った際に粗相が無いようにと行っている。

1人の影響で会社全体のイメージを変えることを頭に入れ日々最高のサービスを提供している。

厳しいを当たり前に、、それが今日も交通を守る盾となるのだ。

特集
スポンサーリンク
鉄道コム 鉄道ニュースアンテナバナー
この記事の担当乗務員
onoharu

鉄道好きな中の人って呼ばれてます!特に名鉄が好きで2203によく出没します。
東方projectやアニメにも浮気してます。
東方の推しは、萃香です⭐︎

onoharuをフォローする
スポンサーリンク
てつトリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました